レベル7「信頼がすべて」

信頼をできる人を見分けることはとても難しいです。

お客様からしたら、営業マンが信頼できるか見分けることは難しいですし、逆に信頼して頂ければ、スムーズに話が進みやすくなると思います。

やっぱり、信頼は大事だよね

どんなに営業テクニックを使っても、信頼されてなければ、更に警戒されるだけで、何も意味はありません。

信頼をしもらうためには、やはり正直に接することだと思います。

先ほど、商談では発言をコントロールすると、お伝えしましたが私は、悪いことは先に正直に伝えるようにしています。

逆の立場なら、その方が気持ちいいですし、悪いことも教えてくれる営業マンの方が信頼できます。

たとえ、その商談でうまくいかなくても、信頼を得ることができれば、次回はきっと、あなたから買ってくれるでしょう。

それどころか、お知り合いなどをご紹介してくれるまもしれません。

やはり、営業マンにとって信頼は全てですので、お客様を裏切るようなことはしないようにしましょう。

この本は「信頼を軸にした営業」について、詳しく書かれています。

返信や電話に出るのが早いと信頼される

できる営業マンは、メールの返信や電話に出るのが早いです。

逆にあまりうまくいっていない人は、メールの返信や電話に出るのが遅かったり、折り返しが遅いです。

1回だけなら分かりますが、何回も繰り返して、できる人は早く、できない人は遅いので、お客様に対しても同じような対応なんだと思います。

やはり、電話1本にしても、すぐに対応してくれると、仕事が早いなと感じることがあります。

実際に、私も、他の営業より一番最初に連絡くれたから、仕事が取れたということは何度もあります。

即レスするだけで、信頼を得て、営業成績があがることも考えられます。

こちらは科学的に営業術を解説した本です。

相手の期待値を下げる

営業がうまい人は、相手の期待値を下げて、それを上回るような結果を出すことが多いです。

できることは低く見積もり、実際の成果はそれよりも大きいという感じです。

こうすることによって、結果が同じでも、他の営業マンから受けると普通。

期待値を下げることがうまい営業マンから受けると、期待以上の結果を持っきてくれたと感じます。

逆に、期待を上げすぎて、うまくいかない場合は、ガッカリされてしまいますので、期待値は下げておき、結果をそれ以上に出すのがポイント。

この本も営業の考え方に役に立ちました。

少し内容が難しめなので、中堅営業マン〜ベテラン営業マン向けです。

レベル8はこちら

t.noguchi
  • t.noguchi
  • 一部上場企業勤務の不動産営業マン。
    役職は上席主任。
    国家資格の宅地建物取引士の資格を保有。
    長崎国際的大学卒業。
    これまでに150件以上の契約を経験。
    最高実績は、3ヶ月連続仲介手数料1000万円over。
    3年連続営業成績優秀賞を受賞。
    2021年同期全国1位を獲得。
    若手営業マンに向けて営業の基本について発信中。
    メールアドレス
    ntakaya0315@gmail.com