営業マンの髪型でパーマは大丈夫?注意点をご紹介

営業マンの髪型は、黒髪に短髪のイメージですが、毎回同じ髪型で飽きてしまうことはないでしょうか?
そんなときには、気分転換にパーマでもかけてみようと思われる方もいらっしゃるかと思います。
ただ、営業マンは見た目の印象が大事ですので、「パーマをかけても大丈夫?」
と悩みますよね。
営業マンはパーマをかけて大丈夫なのかとその注意点を解説していきます

営業マンはパーマをかけて大丈夫

営業マンはパーマをかけて大丈夫?
私の結論は「清潔感があるパーマならオッケー」です。
パーマをかけて、ボサボサのだらしない印象になってしまうと、清潔感がなくなってしまうため、NGです。
パーマをかけても、清潔感があれば大丈夫だと思います。
パーマをかけると、一時的に話題になるかもしれませんが、それが原因で大きな問題になることはないと思います。
そのため、パーマをかけたい営業マンは、チャレンジしてみてもいいと思います。

営業マンの髪型でパーマは大丈夫?周りの人からの評価

営業マンのパーマについて、周りの人は、どんな印象を持っているのか調査しました。
調査の結果をご紹介します。

オシャレに見える

パーマをかけている営業マンは、オシャレに見えるという意見がありました。
パーマに対して、前向きな意見ですね。
やはり、なにもしていない時よりは、オシャレなイメージを持たれるようです。
私もパーマをかけている男性はオシャレにこだわりがあるなと思います。

大人っぽい雰囲気がある

パーマをかけている営業マンは大人っぽい雰囲気を演出できます。
大人っぽい雰囲気があると、お客様に信頼をしてもらえそうです。
大人っぽい雰囲気が出せるのは、営業マンがパーマをかけるメリットですね。

清潔感があればOK

パーマをかけてヘアセットをしないと、ボサボサでだらしない印象を持たれてしまいます。
そのため、清潔感があるパーマなら大丈夫という意見がありました。
どんな髪型にしても、清潔感があることは、重要はポイントですね。

営業マンがパーマをかける注意点

パーマをかけるときの注意点をご紹介します。
営業マンがパーマをかけことでマイナスな印象にならないように、注意点を理解して、パーマをかけるようにしましょう。

強めのパーマは注意


パーマをかける場合、緩いパーマか強めのパーマがあります。
緩いパーマであれば、特に問題ありませんが、強めのパーマは人によってはマイナスに捉えられてしまうことがあるため、注意しましょう。
美容師の方に、どのくらいのパーマなら問題ないか相談しながら進めるのもありだと思います。

ヘアセットしないのは注意


パーマの場合、ヘアセットをしないとボサボサに見えて、だらしない印象を持たれやすいです。
パーマをかけたら、仕事の時は必ず、ヘアセットをしましょう
ヘアセットをすると、清潔感が出ます。
営業マンは髪にツヤ感がでる整髪料を使うことをおすすめします。

パーマスタイルにオススメの整髪料


整髪料は、ヘアワックスやジェルタイプなどいろんな種類があります。
営業マンのパーマスタイルにオススメの整髪料をご紹介します。

ヘアジェルオススメ

ヘアジェルのオススメをご紹介します。

こちらはコスパ最高で、長時間使っても髪型がくずれにくいのでオススメです。

パーマスタイルの場合は、ヘアジェルとの相性がいいです。

定番の「ギャッツビー」もいいですね。

パーマスタイルの人は、ぜひジェルをお試しください

t.noguchi
  • t.noguchi
  • 一部上場企業勤務の不動産営業マン。
    役職は上席主任。
    国家資格の宅地建物取引士の資格を保有。
    長崎国際的大学卒業。
    これまでに150件以上の契約を経験。
    最高実績は、3ヶ月連続仲介手数料1000万円over。
    3年連続営業成績優秀賞を受賞。
    2021年同期全国1位を獲得。
    若手営業マンに向けて営業の基本について発信中。
    メールアドレス
    ntakaya0315@gmail.com