FIRE・セミリタイアを目指すサラリーマンにおすすめの固定費見直し術【3選】

LINEで送る
Pocket

FIRE・セミリタイアを目指すサラリーマンにおすすめの固定費見直し術【3選】

を今回はご紹介します。

こんにちはタカヤです。 @FIRE2071283511

FIRE・セミリタイアを目指しているサラリーマンの方は、

日々節約に取り組んでいるのではないでしょうか?


毎日こつこつ節約に取り組んでいるのに、

なかなかお金がたまらないという方や、

もっと何かいい方法がないかなというひとに

おすすめの記事です。

実際にわたしも実践していまして、

効果の高い方法ですので、

さっそくみていきましょう!


以前別の記事で、住宅費の見直しについて

ご説明しております。

こちらも併せて、よんでみてください。

FIRE・セミリタイアを目指すサラリーマンにおすすめの住宅費見直し方法♪





①FIRE・セミリタイアをしたいなら、現在使っているスマホを格安SIMに変えよう


みなさんスマホを使われていますが、どこで契約されていますか?

そして、毎月いくらぐらい払ってますか?

まだまだ、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアを

使っていて、携帯代高いよーと思ている人は必見です。

私も、単身のサラリーマンですが、

数年前は8000円~10000円だった携帯代が、

今は毎月3000円~3500円程度になりました!

使っている機種はiPhoneで、iPhone以外は使いたくないよ!

という方でも、現在のお持ちのスマホでだいじょうぶです。

格安SIMに変えるメリット


・毎月の通信費が2000円~4000円になる

格安SIMに変えるデメリット


・キャリアメールが使えなくなる

・会社によっては大手キャリアと比べると通信速度が遅い場合がある

・LINEで友達追加のID検索が使えない


キャリアで契約したばかりで、契約解除すると違約金があるんだけど、

どうしたらいいいですか?



結論は、違約金があっても格安SIMに変えたほうがお得!

たとえば、月に1万円通信費を払っていて、

違約金が1万円だった場合、

格安SIMに切り替えた場合の通信費が月5000円だとしたら、


切り替えて、2カ月経つと、違約金代を取り戻せます!


それ以降の浮いたお金はまるまるお得になるので、

違約金がかかっても切り替えたほうがいいということになります。


格安SIMに乗り換える具体的なやり方

①お持ちのスマホが、SIMフリーかみてみよう

現在キャリアの端末を使っている場合は現在使っている携帯会社に連絡して、

SIMロックの解除を依頼しましょう。


携帯会社の方もよくある依頼なので、対応に慣れていることも多く、

分かりやすく方法を教えてくれます。


新しくスマホを買う場合は、家電量販店で買う場合は、お店の人に、

SIMフリーかどうか確認をして買うか、格安SIMを取り扱っている会社

に問い合わせして、格安SIMと機種を合わせて契約すると、安くなる場合が多いです。

②MNP予約番号を取ってみよう

MNPとほ、現在使っている電話番号を次のスマホでもそのまま使うために、

いる番号のこと。


現在契約中の会社に問い合わせするか、携帯会社のサイト上で手続きできることが

多いです。


私も格安SIMに乗り換えしたのは、大学生の時でしたが、サイト上から申し込みをし、

意外と簡単にできました。

取得できた番号を次の格安SIMを契約する会社に伝えることで、

同じ携帯番号を使い続けることができます。


長年使ってきた、携帯番号が変わると不便なことが多いですよね。


また、特に番号が変わっても問題ないよ、という方は

②のMNO予約番号取ろう

は飛ばしてもらって大丈夫です!


③お好きな格安SIMの会社を選んで契約しよう!


ここまで、きたらあとは、お好きな格安SIMの会社を選んで、

契約するだけです。


ちなみに、私はNTTコミュニケーションズという会社がやっている、

「OCNモバイルONE」

という格安SIMを使っていいます。


選んだ理由は、NTTの通信回線を使っていることもあり、

通信が高速で安定しているのと、
10分間なら何度も通話し放題というプランがあり、

電話をする機会が多いので、助かります。


また、初月の基本料が無料で、全国に約86,000カ所の無料Wi-Fiスポットがあり、とても便利です。




※↓ちなみに、私が使っているのはこちらです。
通信も安定してて、大手のNTTコミュニケーションズのサービスで、安心できるし、おすすめですよ。

②FIRE・セミリタイアをしたいなら、電力会社を切り替えよう

あまり知られてないかもしれませんが、電力自由化により、

簡単に電力会社を変えることができるようになりました。


電力会社を変えるといっても、おおきな工事があるわけでもなく、

ネットから申し込んで、契約内容を入力するだけで、電気代がお得になります。



電力会社変更の具体的なやり方について


①現在の電力会社と支払い金額を確認しよう!

②切り替えたらいくら安くなるか、計算してみよう!

③新しい会社にWEBから申し込みをするか、

 問い合わせしてみよう!


これだけで、毎月数百円~1000円程度は固定費を抑えることができます。

毎月1000円安くなったとして、年間で1万2000円、

20年だと、約24万円の固定費の見直しになります。



すぐにできることですので、まずはチャレンジしてみるのがおすすめです。

③FIRE・セミリタイアを目指すなら過度な保険を解約しよう

固定費のように毎月支払っているお金に保険料があります。


FIRE・セミリタイアを目指すならもしお金が必要になった場合、

貯金から対応できますし、保険料になっているお金を投資に回して、

資産運用した方が、FIRE・セミリタイアに近づきやすいと思います。


自分にとって本当に必要な保険を学んでいきましょう。



保険について知ってみよう

多くの方が保険に入る理由が、なにか起きたときの備えとして、

加入します。

例えば、自分に何かあったときのために、家族が暮らしていけるように、

生命保険に入る。


このようなケースでは、残された家族がほんとうに必要な金額はいくら

なのか計算し、国の公的な保険の適用もあるんじゃないか。


そういえば、マイホーム購入のときに、団体信用生命保険に加入してたから、

住宅費はそこまでかからないな~
といったこのようなことを複合的に判断したほうが、いいです。

そもそも、保険の仕組みはみんなから集める保険料を、

確率的には低い、トラブルがあった人に支払うため、

多くの人がお得になるような保険であれば、ビジネスとして成り立ちません。

FIRE・セミリタイアを目指して、ファイナンシャルリテラシーを

高めていこうという人は、必要な保険のみに加入し、

それ以外は、貯蓄をしたり、投資をしたりするほうが賢明だと思います。


ただし、あまり起きないが、起きてしまったら取りかえしがつかないような

リスクに対しては、適切な保険は有効だと思います。


たとえば、自分にしか稼ぎがなく、生活能力のない家族がいる場合の、

公的保険を理解した上での、生命保険。

自宅や所有の不動産に対して、適切な火災保険。


車両の対人事故に対する保険。(損害賠償がかなり大きくなる可能性があるため)


入るとしたら、これらの保険は、個人的にはありだと思います。




実は、日本の公的保険は世界的にみても、かなり充実しており、

公的な保険で足りることが多いです。




どれだけ保険に入る必要があるかは、公的な保険の補償がどの程度あるのか、

知ったうえで、判断しましょう!



公的な保険について学んでみよう

日本では、現在、国民全員が保険にはいれるようになっています。

手厚い国ですね~

よく、病院にいって、自己負担が原則3割なのも、公的な保険に、

入っているおかげです。

ここらかが、FIRE・セミリタイアを目指す、サラリーマンの方にとっては、

重要なポイントになります!



それは、「高額療養費制度」というものです。


例えば、仮に70際未満で年収500万円以下の人が、
もし保険適用内の大きなけがをしてしまい、治療費が200万かかった場合、

自己負担額が3割だと、約60万円支払いとなります。

だけど、「高額療養制度」を利用すると、自己負担の上限がなんと8.7万円

になります!


これを知っているひとは日本にどれだけいるでしょうか。

細かい要件については、ここでは省略しますが、大きなけがや病気をしても、

高額療養制度を使えば、今入っている過度な保険はいらないんじゃないの?

という人も多いと思います。

重要な制度を理解したうえで、保険には入りましょうね。

知識を持っておくだけで、びっくりするぐらい、保険料が変わってくる可能性が高いです。



他にもある!公的な健康保険のメリット!

サラリーマン・公務員の方が加入している健康保険だと、保険料の負担が、実は、
会社と半分になっています。


それ以外の自営業であったり、フリーランスの方は、国民健康保険に加入しており、

自分で全額支払いしています。

また、国民健康保険の場合、家族もそれぞれ、一人づつ国民健康保険に、

加入する必要があります。

会社員・公務員であれば、加入している健康保険ひとつで、家族を扶養に入れることが

できるため、保険料を別途はらう必要がありません。

サラリーマンの方は、節税などがしにくいですが、健康保険は手厚い制度ですね~


また、健康保険の中に、傷病手当金というものが、ありまして、

病気をしたときや、けがで仕事ができなくなったときの保証があります!



傷病手当金を受けるための条件

1.業務以外の病気やけがで、休業する

2.療養のため仕事に就くことができないこと

3.連続する3日間を含み、4日以上仕事に就けないこと

4.休業中に、給与の支払いがなかったこと


これらの要件を満たすと、最大で1年半も手当金を受給することができます。

おおまかにですが、直近1年間の月収の3分の2が支払いされるので、

働けないリスクに対しても、かなり手厚い保証だと思います。

これに加えて、資産のたくわえがあれば、なんとかなりそうですね。


日本の健康保険は、世界中の国の保険と比較しても、かなり充実した内容ですので、

闇雲にいろんな保険にはいいている人は、その見なおして、浮いたお金を投資したり、

食費にあてたり、自己投資に使ったりと、お金の選択肢が広がると思います。


保険にたくさん加入して、備えているよー

というひとは、例えるなら、頑丈な鎧を着た状態で、

FIRE・セミリタイアという目標に向かい、マラソンしているようなものです。

それだと、きついですよね。



給料を月1万円あげるよりも、保険料を月1万見直すほうが、

私は効率がいいと思います。


一度見直せば、後は手間もいりませんので、ぜひ、取り組んでみてください。

まとめ

・格安SIMに乗り換えよう!

・電力会社を切り替えよう!

・必要な保険以外を見直そう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
TAKAYA
  • TAKAYA
  • 執筆者 TAKAYA
    プロフィール

    1995年の3月に生まれました。
    投資とまんがが大好き。
    血液型はo型です。
    双子で左きき。
    福岡市在住の不動産取引のプロ
    趣味はひたすらマンガです。(たまにゴルフと温泉)
    元高校球児。青春は野球。
    新卒1年目成績最下位▶︎業務徹底効化
    成績優秀賞獲得🏆-スピード昇格達成-
    株式投資を20歳より開始し、長期集中投資。
    現在は米国株とETF中心。たまに日本個別株。
    投資用不動産保有したり、売ったり買ったり。
    海🏖が好き。波の音と広大さが落ち着きます
    宇宙・星🌟が好き。未知の世界にわくわくします。
    読書好き。ライフハックや思考法です。
    心理系の本もよく読みます。
    自己満足の人生がベストです。