資本主義の攻略法

LINEで送る
Pocket

今回は資本主義の攻略法について考えていきます。

そもそもなんのために、仕事をしているのでしょうか?

お金のため、家族のため、趣味のため、様々なことが考えられますが、多くの方は生活をするためという方が多いでしょう。

一番シンプルな答えは、お金を稼ぐために仕事をしているでしょう。

私は、複雑な現代社会においてお金は一種のツールだと考えています。

ゲームでいえばチップやコインと同等のもので、ゲームを勝利するためには必要ですが、あくまで勝利が目的であって、チップやコインを集めることが目的ではないはずです。

それと同じことで、生きていく上でお金は必要ですが、お金を目的に生きていくと有意義な人生を見失ってしまう可能性が高まるでしょう。

勘違いしてほしくないのは、私はお金が大好きですし、人生で最も必要なものだと考えています。

ただ私の目標は、精神的・身体的・経済的・時間的に自由になることが目的のため、お金を集めることが目的ではありません。

あくまで、お金は人生においての一つのツールであり人生を共に生きていく親友のような存在でもあります。

ありきたりな言葉ですが、お金があれば幸せとは限らないが、不幸を回避することはできるということです。

極端な例でお金があれば、食べ物や住むところに困ることはないでしょうし、最低限の生活は可能ですが、お金がない場合、生命活動に支障をきたす場合があります。

幸せの定義は人により様々ですので、一概には言えませんが、このサイトを見てくださる方は、経済的自立をしたいという方や、もっとお金が稼げるようになりたいという方が多いと思いますので、その人たちに向けて、どうすれば資本主義の世界を攻略することができるのか私の考えを述べていきます。

突然ですが、この世界が自由度MAXのゲームの世界だと考えてみましょう。

必死に働くもよし、精一杯遊ぶもよし、勇者になってモンスターを倒すのもよし、何もせずにぼーっと過ごすのもよしのゲームの中です。

そんな世界に飛び込んだときにあなたは何をしたいでしょうか?

私は、知らないことを知ることが好きなので、いろんな世界を見て回りたいですし、映画を楽しんだり、マンガを読んだり、自分の選択権を持った上で、自由な時間に様々な体験をしたいです。

そして、このゲームにはタイムリミットがあります。

なんでもできるこの世界にも終わりはくるのです。

ゲームが終わった後のことを考えてみましょう。

ゲームの中で達成したいことはクリアできましたか?

特にやりたいこともなかったので、何もせずに終わりましたか?

どのような過ごし方をしても、特に意味はないのです。

どんなゲームもいずれ終わりますので、それであれば、ゲーム自体を自分の納得するようにプレイしたほうがよくないでしょうか?

目標があればそこに向かって進むだけですし、ただゲームを楽しむでもいいです。

私はこのゲームの中で資本主義を攻略したいと思っていますので、若い時に資産を獲得し、資産から生み出される資産で生活の基盤を築いた上で、自由にゲームの残り時間を楽しみたいと思っております。

そのために、資産である株・不動産・ビジネスによる権利収入・情報発信によって生まれる広告収入などを手に入れる必要があります。

これらは主にストック型の収入で一度流れができると川の水のように流れてきます。捉え方によってはサラリーマンの給料もストック型の収入と言えますが、現在の税制度を考えると不利な点が多いですし、自分の労働力を切り売りして給料を得ているため、小さくてもいいので、ストック型の収入を増やすようにしましょう。

ストック型の収入とは

・ブログを書いて広告を貼り、広告収益を得る。

・不動産を人に貸して賃料収入を得ること。

・株式を保有して配当を得る。

・商品を作り、権利収入を得る。(本や有料情報など)

・会社を作り、従業員を雇い自分の代わりに働いてもらい収入を得る。

・太陽光発電で電気作り、売電収入を得る。  など。

これらのような、自分が寝ている間も収益になるようなものを積み重ねていきましょう。

現在サラリーマンの方はサラリーマンに有利な点に注目していきましょう。

まずは、信用力があるという点です。バックに個人の信用以外に会社の看板があるため、金融機関は比較的お金を貸してくれやすいです。

借金というとマイナスなイメージを多くの方が持たれますが、コントロールすることができれば、大きな武器にもなります。

リスクとリターンは表裏一体のため、大きなリターンを得るにはリスクを取る必要があります。それが、時間なのか、金銭的なものか、精神的なものかは変わってきます。

資本主義を攻略するための方程式

(収入ー支出)×運用利回り=資産

これにつきます。

収入を増やすためには、転職・副業・収入のある人と結婚・起業などがあります。

支出を減らすためには、節約・節税といったとことでしょうか。

運用利回りとは、株式投資・不動産投資・債券投資・事業投資・REIT・投資信託・先物取引などを利用して資産を増やすための活動によって得られます。

この中でもサラリーマンの方に取り組みやすいものとしては、不動産投資・株式投資でしょう。

さきほどサラリーマンの方の有利な点として融資を組みやすいということを挙げましたが、融資を組んで資産である不動産を購入することができるのです。

ただし、不動産の建物価値は経年劣化により価値が落ちていく場合が一般的なため、マイホームは資産にならずに、負債になる場合が多いのでご注意ください。

また、不動産を売りたい人は高く売りたいですし、本当に価値のあるものは数がとても少ないため、購入の際は目利きが重要になります。これは、不動産に限らず、どのような資産の場合も同様です。どのような不動産を購入したら良いかの詳細は別のところで考察していきます。

次に株式投資についてです。

株式投資とは会社を所有する権利を株式という形で受け取ることによって、その会社が生み出した利益を一部受け取るという仕組みです。

実感は湧きにくいですが、実質会社のオーナーになるということです

しかし、現実にはマネーゲームやデイトレードといったキャピタルゲインを狙った短期の売買が多くの方のイメージにあるのではないでしょうか?

市場の流動性も確保できますし、デイトレードで稼げるのであれば、とても素晴らしい才能と努力だと思います。

しかし、サラリーマンの方にとっては、時間の確保が難しいと思いますので、スイングトレード・中・長期の投資をおすすめします。

長期投資のように市場にお金をさらす時間が長いほどリスクも大きくなりますが、リターンも大きくなります。その分日中の時間を取られることはありませんが、長期の保有に耐えることのできる精神力と、銘柄選定の知識が必要になってきますので、学ぶ時間は必要になります。

そして、資産を最大化させるために、最も大事なことは複利について理解するということです。

複利とは、手に入れた利子を元本に含めて、それらを合わせて元本とみなし計算していく方法で、簡単に利用できる方法としては、株式の配当金を再投資する・1件目の不動産の賃料収入を2件目の不動産購入にあてるといった方法で、サラリーマンの方でも、意識的に複利の力を利用することが可能です。

そのほかには、毎年成長す会社の株式を購入して長期保有することによって、内在的な利益を企業は成長のために事業投資することによって、成長していきますので、成長が長期間続くという前提が必要ですが、間接的に複利効果を得ることができます。

また、長期保有のメリットとしては、途中で利益を確定させてしまうと譲渡所得税がかかるため、上記の複利の力を生かすには長期保有し続けたほうがいい場合もあるとういことも頭の片隅においておきましょう。

現実的にはよほどの信念をもって長期投資に取り組まないと保有し続けることは難しい場合が多いです。

なので、個人的には中小型の成長が見込める割安な株を保有し、自分の目標の水準まで上がった場合は利益確定させ、その他の利益を別の株に振り分けるようにしています。この方法の場合、日中時間を取られずにできるため、サラリーマンの方に適していると思います。

また、サラリーマンをしながら、副業を行い、軌道に乗ったら独立をする方法もありでしょう。

サラリーマンの場合、節税がほとんどできないため、税率の低い株式投資や法人を持つという選択肢は頭に入れておくべきでしょう。

また、支出を減らすという考え方も重要です。

どれだけ収入が多くても、すべて使ってしまっては資産を築くことはできません。プロスポーツ選手で現役時代は何億と稼いでも、引退後破産に陥るケースもあります。

資本主義を攻略したいとお考えでしたら、自分の目標額に到達するまでは、支出を抑えるようにしましょう。方針の違いで、今が楽しければいいという方も多いと思うので、そういう方は、どんどんお金を使い経済を回して頂ければと思います。

まとめ

・資本主義を攻略するには資産を築く(株・不動産・ビジネス)

・ストック型の収入を増やす。

・ゲームの世界のように自分の納得するように生きる。

・目標額に達するまで、支出を減らす。

・資本主義の頂点は投資家であるため、投資をやめずに投資家になる。

Mr.FIRE
  • Mr.FIRE
  • 座右の銘[人生は投資の連続だ]
    FIRE、株式投資、不動産投資、倹約、などお金を中心に情報発信。
    一人でも多くの人にFIRE という概念を知って頂いて、自由を目指す人が増えたらいいなと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です